浄水器の種類

浄水器の種類

浄水器と一言で言っても様々な種類があります。
そして、それぞれに特徴があります。特に、設置スペースや設置場所はタイプによってかなり異なるので、よく確認してから購入しましょう。

 

蛇口直結型


一番メジャーなタイプの浄水器と言えます。ホームセンターなど色んな場所で売っているのを見たことがあると思います。

 

このタイプの長所は小型で軽量なものが多いことです。
ただし、シンクが狭いと皿洗いの時などに邪魔に感じることがあります。

 

短所は、コンパクトであるため浄水能力が低いものが他のタイプに比べ多いことです。
きちんと浄水しようとすると、「ちょろちょろ」と少しずつ流す必要があったりします。

 

また、カートリッジの持ちが比較的短いものが多いことも特徴です。
2ヶ月~6ヶ月程度で交換が必要になります。そのため、年間に掛かる費用で考えると、本体価格に比べ割高感はあります

 

据え置き型(カウンタートップ型)


その名の通り、本体をキッチンの上に置くタイプの浄水器です。
数万円のものから、数十万円するものまで様々なものがあります。

 

蛇口直結型に比べると、大型なのが特徴です。
キッチンにある程度のスペースが必要になります。

 

蛇口直結型に比べて、カートリッジの持ちが良いのが特長です。
フィルターの交換は6ヶ月~1年程度のものがほとんどです。

 

据え置き型のおすすめ →マルチピュア

 

ビルトイン型


本体を流しの下に設置するタイプの浄水器です。
フィルターの持ちや大きさ、性能などは据え置き型とほぼ同じですが、専用の蛇口を設けるため工事が必要になります。

 

同じくキッチンにスペースが必要がないという意味では、蛇口直結型の上位版と言えるでしょう。
ただし、流しの下に設置するため収納スペースは減ります

 

また、専用の蛇口が付くため初めは戸惑うこともあるかもしれません。

 

マルチピュアはビルトイン型も扱っています。

 

元栓直結型(セントラル方式)


水道管に直接取付けるタイプの浄水器になります。

 

元栓に取り付けるため、キッチンだけでなく、お風呂など家全体の蛇口から出る水を全て浄水してくれます。

 

浄水量も多いですし、蛇口も選びません。邪魔にもならないし、普通の水と浄水の切り替えも必要ありません(つまり手間が省ける!)。
色んなタイプの好いとこ取りをしたような浄水器です。

 

その代わりに、本体価格やフィルターの価格は非常に高いです。工事費用も必要になります。

 

元栓直結型のおすすめ →ソリューヴ

 

逆浸透膜(RO膜)

浄水器の種類
ウォーターサーバーのページでも紹介している逆浸透膜を使った浄水器です。

 

この膜によって水分子より大きな物質を取り払うことができます。
それによって、ほとんどの不純物を除去でき、純水に近いとても安全な水が出来ます

 

このタイプの一番の欠点は、少量ずつしか濾過できないことです。

 

この型を購入するなら、ウォーターサーバーの導入をおすすめします。 

ポット型


その名、見た目通りの浄水器です。

 

蛇口や給水管と繋がないのが大きな特徴です。
その為、そのまま冷蔵庫で冷やしたり、移動も楽なので、一人暮らしの方やコーヒーやお茶用の水にも手軽に使えます。

 

しかし、このタイプもかなり濾過に時間が掛かります
1回で浄水できる量も少ないので私はあまりおすすめしません。

 

似たような商品 →メガキャット
これなら沢山綺麗な水を生成できます。

 

シャワー用

マルチピュアのページで紹介しているようなシャワーに取り付けるタイプの浄水器です。
アトピーなど肌の弱い方におすすめな浄水器です。

 

シャワー用浄水器と普通の浄水器を共に購入する場合には、元栓直結型1つにした方が良いかもしれません。

 

携帯用

浄水器の種類
ストローに浄水機能が付いるタイプや、ポット型を小さくしたようなボトルタイプ、手動のポンプで浄水を行うものまであります。

 

これらは持ち運びに便利。ただし、浄水能力はあまり高くありません
非常時や災害の備え、アウトドアなどで使うと良いでしょう。

スポンサードリンク


トップページ おすすめ浄水器ランキング 管理人一押し商品 水に関する情報 アトピー・スキンケア