水道水について

水道水は安全なのか

日本の水道水は世界一綺麗と言っても過言ではありません。
特に、東京や大阪などの浄水技術は世界最高クラスです。

 

あまり知らないかもしれませんが、実は水道水の水質検査基準はミネラルウォーターよりずっと厳しいのです。

水道水は水道法。市販の水は、食品衛生法によって水質基準が決められています。
しかし、食品衛生法の基準は、水道法より審査項目が少なくなっています。

 

しかし、実際に水道の水を飲んでみて、あまり美味しくないと思ったことありませんか?
これは多くの場合、給水管や貯水槽の劣化・汚れが原因です。

 

40年以上更新していない給水管を使っていたりすることも多々あるようです。
マンションの貯水槽に至っては鳥やねずみなどの死骸が入っていたりなんてことも・・・

 

そんな状態のものを通ってくる水が、綺麗なままであると思いますか?
ほとんどの場合は家に到達するまでに汚れてしまいます。

 

酷いところだと、一年で白かった浄水器のフィルターが下の写真のようになってしまうこともあるようです。さすがにここまで汚いと飲みたくありませんよね。

 

 

水道水は塩素がきつい

「日本の水道水の塩素濃度は世界一高い」と言われています。
さらに、日本人のアレルギー有症率も、世界でも突出して高いらしいのです。
これに因果関係があるのかは定かではありませんが、まったくの無関係とも思えません。

 

ただ、上記のような配水管などを通ってきても飲めるのは塩素があるからです。

 

また、コレラなどの病気を防ぐためにも、水道水に塩素は必要不可欠です。
日本の水道水が安全である理由と考えると・・・ 
なかなか皮肉なものですね。

 

さらに、塩素は肌に良くない影響を与えます。
管理人と同じアトピー患者の方は良く分かると思いますが、塩素が沢山含まれるプールは非常に肌に刺激を与えます。

 

水道水と聞くと、飲み水ばかり考えがちになります。
水道水は台所だけでなく、お風呂のお水なども含みます。

 

お肌に気をつけたい方はソリューヴなどの元栓直結型の浄水器を取り付けると良いでしょう。

 

結論

水道水は本来安全ではあるが、家に来る過程で悪くなる。浄水器を設置するのが吉。塩素も除去できて美味しくなるので一石二鳥!

 

安全面だけを考慮するなら

 

ボトルの素材にポリカーボネートを使っていない、空気中の菌への対策をしている宅配水

 

高性能な浄水器を取り付けて利用する水道水

 

の2つが良いと言えるでしょう。

沸騰させるだけではいけないのか?

確かに、水道水を沸騰させると、加熱殺菌により塩素を取り除けます。

 

しかし、なかなか蒸発しない成分もあり、それらは短い時間沸騰させたくらいだと濃縮された形で残る可能性があります。

 

発ガン性物質で有名なトリハロメタンもその一つ。
トリハロメタンは、 水道水中に存在する有機物と塩素剤が反応してできます。

 

水質基準により、水道水中のトリハロメタンを摂取しても健康に問題はありません。
しかし、「沸騰させると濃縮される」と聞くと良い気分にはなりません。

 

トリハロメタンを除去する為には、長い時間沸騰させる必要があります。
最低でも10分以上は沸騰させ続けないといけないとのこと。沸騰後、直ぐ火を止めるというのが一番良くないらしいです。

 

何十分も沸騰させるとなると、水の量もガス代も馬鹿になりません。
手軽に塩素やトリハロメタン等を除去できますし、経費の面でも浄水器の設置をおすすめします。

スポンサードリンク


トップページ おすすめ浄水器ランキング 管理人一押し商品 水に関する情報 アトピー・スキンケア